読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Aestetica

コンピュータ将棋Selene(セレネ)を作っています。名前は西海枝昌彦(さいかいし まさひこ)と読みます。

興味のあること

趣味ですー。
どれもこれもコミュニティがとても小さく、職場に同じ趣味の人がぜんぜんいません(涙)

プロレス・格闘技

初代タイガーマスク佐山サトル)から始まり、ジャンボ鶴田前田日明高田延彦、~K1、総合格闘技
鶴龍対決なんかは毎回正座して見てた感じ。
最大の強敵は試合から放送まで日数があるときのキオスクやコンビニ、電車内の会話(ネタバレしちゃうので)。
・・だったんだけど、最近はぜんぜん見てません。

歴史

学生の頃とかはまったく興味がなく、城を見ても「城だよね」くらいだったのが、大人になり、仕事先の人に戦国時代をすすめられる。
戦国時代を一通り一気に知ることができるのは徳川家康だということで、山岡荘八徳川家康全26巻を読むことになる。
歴史にまったく興味がない状態なのに「しょっぱなから、こんな長編小説を人に勧めるのか!」と、今となっては思うけども、元気だったので読んでしまう。
で、めちゃくちゃハマる。

三方ヶ原の戦いくらいまで「あのー徳川家康が好きになれないんですけど」「え!これを読んで好きになれないと、もう好きになることが一生ないですけど・・」という展開だったのが、家康と秀吉の駆け引き合戦あたりからどんどん面白くなる。
いまだに、合戦どうこうより政治的などうこうのほうが好きかも。
戦国ちょっといい話・悪い話まとめを超読む。通勤中はこれとwikipediaを読むための時間と化す。

戦国ちょっといい話・悪い話まとめ
http://iiwarui.blog90.fc2.com/

その後、平安・鎌倉時代、幕末をあれこれ読む。
城めぐり。というか博物館めぐり?もいろいろ。また京都に行きたいなあ。

古生物

なんかのテレビで細胞の仕組みみたいなのを見る(DNA複製?)。「なんだこれは!機械じゃん!」と、大変驚く。
どこからが生物なんだか、分子生物学の一般書をいろいろ読む。それで生物の始まりというか地球の最初の頃の一般書なんかをいろいろ読む。そこから古生物にハマる。
いったん落ち着いたオルドビス紀が面白い。カンブリア紀とかジュラ紀白亜紀の本はたくさんあるけど、・・と思ったら技術評論社からなんか出てるし!!!

人ゲノム計画でDNAが完全解析されたら、パソコンで適当にDNAをシミュレートして疑似生命の外見などを表示させることができるようになると堅く信じてました。残念。

宇宙

21世紀、人類は火星にコロニー作るんじゃなかったのか。
私が死ぬまでにはよろしくお願いします。