読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Aestetica

コンピュータ将棋Selene(セレネ)を作っています。名前は西海枝昌彦(さいかいし まさひこ)と読みます。

CSA例会に行ってきました

私「霊界に行ってくる」
娘「・・え?!」
私「そう、霊界。霊界に行って、そこから帰ってくるよ」
娘(単発の冗談なのか、なにかの前振りなのか、無茶振りがあるのか警戒中)


といったわけで、土曜日にCSA例会に行ってきました。
ただし、午前中に親知らずを抜き、夜はお仕事関連で呼ばれて途中退出。いろいろあったなあ。

親知らずについては、虫歯状態でもなんだかんだ言い訳されて、どこの歯医者さんも取ってくれずに放置状態だったもの。
試しに評判の良い歯医者さんに行ったら、
「親知らず気になります?」
「はい、右上です」
「では今日取りますよ?」
「(え?取れるの???)はい、お願いします」
速攻で取れた。今までのはなんだったんだ。

麻酔が切れてくるとじわじわ痛い。なんかだるいぞ?抗生物質のせい?歯を抜く。ということはそれなりなのね。
そんな中、早稲田駅に行き、どっちだったっけ?とキョロキョロしていると、若い娘さんが「原子力にも使えるよね。そうそう」みたいな会話をしながら歩いてきたので、ああ、こっちの方向かと、あらためて地図で確認。こっちだわ。

26号館前でタバコを吸っていると、50代くらいのおばさんから道を尋ねられる。
まあ、早稲田大学の建物の配置は知らないわけだけども。スマホで地図見たけどよくわからん。
「力になれず、すみません。あの辺りでもう一回聞いてみてください」
「こっちこそごめんなさいね。学生さんかと思ったから」
「いやいや、お姉さんこそ、無事行けるといいですね」
と、謎のお世辞合戦を経て、例会が行われる24号館へ。

棋譜の解説。NHKの将棋の解説を聞いている感じ。盤面を動かすと私でもわかる。
今年こそは初段になりたいなあ。
参加者の人にちょっと聞きたいことがあったんだけど、どうしてもマズイことが発生して途中退出。うーん。まあ、しょうがない。
ライブラリでなんやかんやあったことを聞く。後で移動中にネットを見てみると、おお、なるほど。なんかなってる。

ライブラリは、まずは「なにが目的か?」で、参加者を増やしたいのか、将棋プログラムを作るための助けとしたいのか。
将棋はチェスに比べてプログラムの多様性があまり無いように見えるのは、評価値のバイナリも使用可能としたのが原因?
結果としてはクローン推奨みたくなっちゃっているかも。
ただし、盤面、指し手生成、通信部分はライブラリ化したほうが良いと思います。

チェスのプログラムにその昔craftyというものがあって、ソースを公開したら大会でクローンが蔓延⇒craftyクローンでの大会参加禁止。ということがあったようだけど、将棋もなんらかのクローン禁止(Bonanzaクローン、Stockfishクローンの参加禁止、ソース提出)としたら、参加者激減。多様性UPとなっていたかな?チェスはRybkaの件があるので厳しそうなイメージ。
参加者を増やす増やさないという話も、成り立つため、お金の話なのか、新たな技術者、アルゴリズムを発掘なのかとか、で、いろいろありますね。ムズイ。

今はみんなでAWAKEを作っているような状態。Aperyも内容的にはAWAKEチルドレン。
チェスプログラムの大会は現在、みんなでStockfishを作りあっている状態にはなっていない?どうなのかな。
チェスは多様性を保っているけど、将棋がそうでないのだとしたら、それは個人的には残念です。
とかなんとか言いながら、Seleneも一回、Stockfishを取り入れてみたという・・。

それでなんやかんやで日曜日もあまり開発できず。
来週の土日に期待。早く学習のとこをやりたいー。