Aestetica

コンピュータ将棋Selene(セレネ)を作っています。名前は西海枝昌彦(さいかいし まさひこ)と読みます。

第5回電王トーナメント

私のメイン情報源の、めざましテレビでやっているムーンプリンセス卑弥呼の占いを見て。

娘「お母さんのラッキーアイテムは外国料理だって」
母「(即座に炊飯器を指さして)ライーーースッ!!」
娘「・・うん」

母「昨日の肉じゃがをポテト&ミート!くらいは返せ」
と説教。どういう説教なのかなあ。

その後、ムーンプリンセス卑弥呼の対義語は何か?ということで、
サンプリンス田村麻呂で良いのか、いやいやデビルサンダー高橋か、世界観が違うとかなんとか、いろいろあって獣神サンダーライガーとなりました。


電王トーナメントに参加してきました!

今回は、初夏から秋にかけて延々とMultiProbCutを実験しまくり、どのように分解したらどうなるか、どういう要素にしたら良いのか、そんな夏だったなー。そんな夏あるのかね。あったわ・・。

探索部分も結局1/3くらいはごっそり変更し、これで勝負!という感じでした。
結果、

予選7位⇒決勝リーグ初戦敗退。でした。
いやまー、決勝リーグに行けて良かったです。

評価値は、0手読みの方策勾配法をサンプル数をめちゃくちゃ増やして行ったのみ。
いわゆる手番なし3駒+αです。

0手読みの棋譜を見ると、基本的にはお互い玉を囲わず、飛車先をやぶって横から相手玉を攻めるような棋譜が多く、プロ棋士棋譜を使用しない場合、金矢倉だとか穴熊だとか、有効そうな囲いをしてくれません。
そうなると、いざ金矢倉とか穴熊とかになった場合に勝てないため、プロ棋士棋譜をベースとして強化学習を行っています。

今回は、変わったプログラムとの対戦も多くて、対局中にいろいろお話も聞けて面白かった。
お隣の海底さんとも当たりたかったけど、結局当たりませんでした。

ただ、対局中に「これでstockfish探索だったら勝ってるのかなあ」とか、考えだすようでは完全に気持ちで負けていて、Seleneもstockfishクローンにしてしまおうかどうか、秒間1500回くらい考えました。もう疲れたのか(笑)
チェスのプログラム大会はstockfishだらけとはなっていないけど、将棋はそうなっていることを、結構前から気にしているんだけども、実際に参加するとまー、そうなりますよー。stockfishベースから改造するかなあ。

今年は電王トーナメントがあるのかないのか、少しドキドキしていましたが、無事開催されて本当に良かったです。
ぜひ、未来永劫開催して、遠い将来、人類が滅亡しても、地球がなくなっても、次の種族に引き継いで頂くまでが将棋連盟さんとドワンゴさんのお役目だと痛感致しました。今後ともよろしくお願い致します。